日本円決済でお得にZendeskを導入7年以上のサポート実績をもつZeQ(ゼクー)にお任せください
詳しくはこちら

Zendeskにチケットが作成されたら、Slackで通知を受けとる設定をしてみた

■はじめに

 

チケットが新規作成されたら、メールでは通知が来るんですがslackにも通知連携ができるといいなと思い設定してみました。

 

 Zendesk supportのデフォルト機能に、通知機能はありませんが、

 例えば常にslackを利用していれば、お客様から問い合わせメールが届いた時、

 そこに通知が飛ぶようにすることはできます。

 

 尚、ここで案内するのは最もシンプルな「チケットが新規作成された場合はすべて」という条件となっています。

 

 もっと詳しい条件(担当者やリクエスタを限定、特定のタグ、etc)を設定することもできます。

 

■使い方

【STEP1】Slackでアプリの追加をする

アプリ一覧にて[Incoming Webhook]を検索し、

検索結果から[インストール]をクリック

 

[設定を追加]をクリック

 

 

※この時点で、連携先のチャンネルがslackに作成されている必要があります。

 

[チャンネルへの投稿]で、連携先のチャンネルを選択してください。

選択できたら[インテグレーションの追加]をクリックします。

 

 

【STEP2】Zendesk Supportの設定をする 

[①歯車アイコン>②拡張機能>③ターゲットを追加]

 

 

ターゲットを選択の画面で[HTTPターゲット]を探してクリックします。

 

 

④任意のタイトルでよいです。

⑤slackの作業で最後にコピーしたURL【★1】をここでペーストします。

⑥[POST]を選択

⑦[JSON]を選択

⑧[ターゲットの作成]→[送信]をクリックします。

 

 

 

拡張機能一覧に、今作成した項目が追加されました。【★2】

 

 

 

次に、トリガを設定します。

[⑨歯車アイコン>⑩トリガ>⑪トリガを追加]

 

 

⑫任意で決めてください。わかりやすいものがおススメです。

⑬まずは[チケット][=][作成された]を必ず作成してください。

 

これで『新規にチケットが作成された場合』という条件になります。

 

 

 

 

 

アクションはまず[ターゲットに通知][【★2】で作成したターゲット名]

 

 

 

ここは、実際にslackに通知される文言の入力が必要です。

入力が終わったら、[保存]をクリックしてください。

 

       

 

左図はJSONで入力した一例ですが、基本的な文面になっており、

次でコピーできるものをよういしますのでペーストして活用ください。


{ “text”: ” \n*チケットを共有します*\n\n*Ticket URL*: {{ticket.link}}\n*件名* : {{ticket.title}}\n*氏名* : {{ticket.requester.name}}\n*メールアドレス* : {{ticket.requester.email}}\n*会社名* : {{ticket.organization.name}}\n\n *問い合わせ内容*\n———-\n{{ticket.latest_comment}}\n———-“, “username”: “Zendesk連携(新規チケット)” }


 ※上記コード内の[\]は、トリガの本文にペーストすると自動的に[¥](半角)に変換されます。

 

 

 

実際にメールなどを受信してチケットを新規作成してみてください。

以下のような通知が、希望のチャンネルに入れば設定完了です。

 

 

 

 

 

 

■おわりに

Zendeskについてお悩みがあれば

認定マスターパートナーのZeQまでお問い合わせください!

 

その悩み、7年以上のサポート実績をもつZeQ(ゼクー)にお任せください!

ご興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

お問い合わせ
  • 2021年8月4日|