失敗しないZendesk導入ならプレミア認定パートナーのZeQ(ゼクー)   伴走型無料トライアル実施中。8年以上、450社以上のサポート実績をもつ当社までお気軽にご相談ください
導入相談・サービスについて知る

【初心者向け】Zendeskのメッセージング機能でチャットボットを作成する(フロービルダー)

Zendeskのメッセージング機能でチャットボットを作成してみました。
トライアル開始は
こちらから

メッセージングをONにする

管理センターを開いていただき、画面左側のメニューバーより、「チャネル」→「メッセージング」→「設定を管理」をクリックしてください。

「アカウントでメッセージングを有効にする」チェックボックスを選択することで有効化ができます。

最後にボットの設定をします。
管理センター画面左側のメニューバーより、「チャネル」→「ボット」→「ボットの追加」をクリックしてください。チャットボットの名前と、複数ブランドを利用している場合はブランドを選択してください。
これで準備は完了です。

チャットボットをフロービルダーで作成する

ボットを追加すると、「フロービルダー」というチャットボットのフローが編集できる画面が表示されます。
フローの追加方法ですが、ステップとステップを繋ぐ線があり、この線にカーソルを合わせると「+」ボタンが表示されます。こちらをクリックすると右に追加可能なステップが表示されます。

メッセージの送信

メッセージを送信するステップになります。このステップを追加すると、任意のメッセージをチャットボットが送信します。

オプションの提示

オプションの提示をするステップになります。このステップを追加すると、メッセージと共に選択肢を表示して、選択した項目によって別々のステップを追加することができます。

ヘルプセンター記事の表示

ヘルプセンター記事を表示するステップになります。このステップを追加すると、ヘルプセンターの記事を最大で6つまで表示することができます。

エンドユーザー側ではこのように表示されます。「記事を表示」をクリックすると、元の記事のページにアクセスすることが可能です。

エージェントへの転送

エージェントへ転送するステップになります。エージェントへの転送は、有人対応へ繋げるステップです。有人に繋げる前に、チケットフィールドを表示してエンドユーザーに入力してもらうことも可能です。

エンドユーザー側ではこのように表示されます。送信した後、有人エージェントに繋がります。

 

営業時間条件を追加

営業時間内外によって、別々のステップを表示させることが可能です。

チャットボットの設置方法

作成したチャットボットの設置方法についてご案内します。

画面左側のメニューバーより、「チャネル」→「メッセージング」をクリックし、作成したチャットボットをクリックしてください。

その後、編集画面に移ります。「インストール」タブをクリックし、表示されるコードを設置したいWebページに埋め込んでください。また、Guideで作成したFAQページに表示させたい場合は、「Web Widgetをヘルプセンターに自動的に埋め込む」にチェックを入れてください。

まとめ

今回はZendeskのメッセージング機能のフロービルダーを使って、チャットボットを作成してみました。ご質問や気になる点がございましたら、右下チャット窓口またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 

今すぐ相談してみる即日回答をお約束します!

お問い合わせ
執筆者:ZeQオンライン接客チーム
ZeQは国内で最も歴史がある、Zendesk公認プレミアパートナーです。
Zendesk導入支援450社以上の経験から、Zendeskの運用やシステム設計・応対業務までをワンストップでサポートしています。 また、2013年より「オンライン接客」を提唱し、Webコミュニケーションのあり方を追求しております。各企業の困りごとや悩みを、いつでも・スムーズに・ストレスフリーで解決ができる顧客体験の実現と、企業と顧客との長期的な関係性構築を支援します。