日本円決済でお得にZendeskを導入7年以上のサポート実績をもつZeQ(ゼクー)にお任せください
詳しくはこちら

Zendeskにチケットが作成されたら、Slackで通知を受けとる設定をしてみた

■はじめに

 

チケットが新規作成されたら、メールでは通知が来るんですがslackにも通知連携ができるといいなと思い設定してみました。

 

 Zendesk supportのデフォルト機能に、通知機能はありませんが、

 例えば常にslackを利用していれば、お客様から問い合わせメールが届いた時、

 そこに通知が飛ぶようにすることはできます。

 

 尚、ここで案内するのは最もシンプルな「チケットが新規作成された場合はすべて」という条件となっています。

 

 もっと詳しい条件(担当者やリクエスタを限定、特定のタグ、etc)を設定することもできます。

 

■使い方

【STEP1】Slackでアプリの追加をする

アプリ一覧にて[Incoming Webhook]を検索し、

検索結果から[インストール]をクリック

 

[設定を追加]をクリック

 

 

※この時点で、連携先のチャンネルがslackに作成されている必要があります。

 

[チャンネルへの投稿]で、連携先のチャンネルを選択してください。

選択できたら[インテグレーションの追加]をクリックします。

 

 

[Webhook URL]欄にあるURLをコピーしてください。【★1】

slack__05.png

【STEP2】Zendesk Supportの設定をする 

Support画面右上の[管理センター]をクリック

__________2022-03-09_9.51.08.png

 

[アプリおよびインテグレーション]>[Webhook]をクリック

画面右上の[アクション]>[Webhookを作成する]をクリック

__________2022-03-09_9.57.32.png 

 

続いてWebhookの詳細を設定します。

①任意のタイトルでよいです。【★2】

③slackの作業で最後にコピーしたURL【★1】をここでペーストします。

④[POST]を選択

⑤[JSON]を選択

⑥ [なし] を選択

⑦Webhookをテストすることができます。

『作成』をクリックします。

__________2022-03-09_10.01.54.png

 

 

作成完了後、こちらのぺージに遷移します。

「Supportの管理エリアを新しいウィンドウで開く」をクリックするとトリガ設定画面が別タブで開きます。

__________2022-03-09_10.54.06.png

 

 

トリガを追加]をクリックします。

 

 

トリガ名、説明:任意で決めてください。わかりやすいものがおススメです。

条件:まずは[チケット][=][作成された]を必ず作成してください。

これで『新規にチケットが作成された場合』という条件になります。

※なお、更に条件を付ける場合は
[条件を追加]してください。

slack__11.png

 

アクションは[アクティブなWebhookを通知する][【★2】の名前]をプルダウンから選択します。

__________2022-03-09_11.08.42.png

 

 

ここは、実際にslackに通知される文言の入力が必要です。入力が終わったら、[保存]をクリックします。

      __________2022-03-09_11.10.05.png  

 

左図はJSONで入力した一例ですが、基本的な文面になっており、次でコピーできるものを用意しますのでペーストして活用ください。



 ※上記コード内の[\]は、トリガの本文にペーストすると自動的に[¥](半角)に変換されます。

 

 

実際にメールなどを受信してチケットを新規作成してみてください。

以下のような通知が、希望のチャンネルに入れば設定完了です。

 

 

 

 

 

 

■おわりに

Zendeskについてお悩みがあれば

認定マスターパートナーのZeQまでお問い合わせください!

 

その悩み、7年以上のサポート実績をもつZeQ(ゼクー)にお任せください!

ご興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

お問い合わせ
執筆者:ZeQ
ZeQは国内で最も歴史がある、Zendesk公認マスターパートナーです。
Zendesk導入支援450社以上の経験から、お客様の運用に合わせてお困りごとを解決し、Zendeskの導入から定着まで、ワンストップでサポートしています。