失敗しないZendesk導入ならプレミア認定パートナーのZeQ(ゼクー)   伴走型無料トライアル実施中。8年以上、450社以上のサポート実績をもつ当社までお気軽にご相談ください
導入相談・サービスについて知る

【Zendesk Support】誤送信を防ぐための設定をしてみた

■はじめに

 

Zendesk Supportのチケットの核とも言える機能である「パブリック返信」と「社内メモ」ですが、

操作になれていないと社内メモのつもりでチケットを更新したつもりがパブリック返信になっていて、

お客様にそのまま内容が送信されてしまった!なんてリスクがあります。

 

この誤送信を防ぐために良い設定があったので、今回はこちらを設定してみました。

 

■使い方

 

チケットを開いた時、特に設定をしていなければ必ずコメントモードがパブリック返信で開かれます。

 

この状態だと、パブリック返信であることに気付かず誤送信をしてしまう恐れがあるので、

デフォルトでコメントモードが社内メモになる設定に変更します。

 

「管理」→「チケット」を開き、以下の2つのチェックを外してください。

「Web経由のエージェントのコメントはデフォルトでパブリック」

「 メール経由のエージェントのコメントはデフォルトでパブリック」

 

 

■おわりに

 

今回紹介したように、たった2つのチェックを外すだけで、誤送信を防ぐことができました。

 

こちらの設定は非常におすすめなので是非お試しください!

 

Zendeskについてお悩みがあれば

認定マスターパートナーのZeQまでお問い合わせください!

 

今すぐ相談してみる即日回答をお約束します!

お問い合わせ
執筆者:ZeQオンライン接客チーム
ZeQは国内で最も歴史がある、Zendesk公認プレミアパートナーです。
Zendesk導入支援450社以上の経験から、Zendeskの運用やシステム設計・応対業務までをワンストップでサポートしています。 また、2013年より「オンライン接客」を提唱し、Webコミュニケーションのあり方を追求しております。各企業の困りごとや悩みを、いつでも・スムーズに・ストレスフリーで解決ができる顧客体験の実現と、企業と顧客との長期的な関係性構築を支援します。